【ユニコーンS】美浦レポート~シゲルコング

     

18日(日)東京競馬場で行われるユニコーンステークス(GIII)に出走予定のシゲルコング(牡3、美浦・松永康利厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

〇シゲルコングについて松永康利調教師

「(前走を振り返って)
 前走も前に行きたかったのですが、小回りコースということもあり行けず、いつものように砂を被って嫌がるようなレースになってしまいました。それでも終いはじわじわ伸びて5着と、まるっきり悲観するような内容ではなかったように思います。やはり課題はゲートですね。スタートで出遅れると砂を被ってしまうので、スタートを決めたいとは思っているのですが。

(中間のゲート練習について)
 レースで騎乗する木幡巧也騎手に先週、先々週と乗ってもらい、感触を確かめてもらいました。ゲート内の駐立など技術的な部分で、こうしたらいいのではというような話をして、それでレースに臨む予定です。体調自体は落ちる馬ではないので、前走からのいい状態はキープしていて、そのあたりはうまく調整できています。あとはゲートの出もそうですが駐立の部分でも、テンションを上げないように考えて調整してきました。

(最終追い切りについて)
 この前の日曜日にしっかりやっているので、調整程度の追い切りで気分良く走らせる感じでした。動きはいいですね。シャープな動きで、とても満足しています。状態が本当に・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧