【関東オークス】(川崎)~クイーンマンボが重賞初制覇

     

 川崎競馬場(天候:晴 馬場:重)で行われたダートグレード競走の第53回関東オークス(第11競走・JpnII・3歳牝馬・ダート2100m・1着賞金3200万円)は13頭が出走した。

 好スタートを切った川崎のアップトゥユーが先手を取り、船橋のイントゥゾーンが2番手となり、3番手に3番人気のJRAのアンジュデジール、その後ろに1番人気のJRAのクイーンマンボが続いた。2番人気のJRAのサクレエクスプレスと4番人気のJRAのアポロユッキーの2頭が出遅れて後ろからの競馬となった。
 1周目の4コーナーを回ってスタンド前ではクイーンマンボが3番手に上がり、内を追走する大井のステップオブダンスが4番手となり、アンジュデジールが5番手となって2周目に入った。2度目の3コーナーでクイーンマンボが先に動いて前の2頭を交わして先頭に立ち、アンジュデジールも差をつめて2番手になって最後の直線に向いた。クイーンマンボは差をつめようとするアンジュデジールをゴール前で突き放し、4馬身の差をつけて優勝。勝ちタイムは2分19秒0。勝利騎手はJRAのクリストフ・ルメール。ステップオブダンスが3馬身差の3着となり、それから4馬身遅れてアポロユッキーが4着で5着が逃げたアップトゥユー。サクレエクスプレスは見せ場なく6着に終わった。

 クイーンマンボは、JRA栗東・角居勝彦厩舎の牝3歳青毛馬。父マンハッタンカフェ、母スズカエルマンボ(母の父シンボリクリスエ・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース