【ユニコーンS】美浦レポート~リエノテソーロ

     

18日(日)東京競馬場で行われるユニコーンステークス(GIII)に出走予定のリエノテソーロ(牝3、美浦・武井亮厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

〇リエノテソーロについて武井亮調教師

「(前走について)
 能力的にはやってくれると思っていたのですが、先行馬有利の中で1頭だけ大外から追い込んできて、やはり能力のある馬だと再認識しました。前走は木曜日に競馬場に輸送して、輸送当日はイレこんでいたようなのですが、レース当日にはすっかり落ち着いて、今までの中では一番落ち着いた状態でレースに臨めました。

(前走から中5週、この中間の調整は)
 レースの疲れが思ったほどなかったのですが、2週間ほど楽をさせて、疲れをとったあとに再調整して仕上げてきました。

(今朝の最終追い切りについて)
 先週、大野騎手に乗ってもらいまして、ジョッキーは状態に満足していたのですが、見た感じではもう少しやってもよさそうだったので、今朝は終いしっかり反応させて伸ばすように指示しました。

(1週前に初めて騎乗した大野騎手とはどんな話を?)
 特に癖はないという話はしていたのですが、大野騎手も『乗りやすくて、何も言うことのない素晴らしい馬です』と言っていました。

 前走も凄く状態が良くて、前走が100%の状態かと思っていたのですが・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース