【メイクデビュー】(阪神5R)~ゴールドクイーンが2番手から突き抜け勝利

     

阪神5Rのメイクデビュー阪神(ダート1200m)は6番人気ゴールドクイーン(松若風馬騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分13秒4(良)。3馬身差の2着に3番人気ヴィグラスファイア、さらにハナ差の3着に7番人気マッスルマサムネが入った。

ゴールドクイーンは栗東・坂口正則厩舎の2歳牝馬で、父シニスターミニスター、母サザンギフト(母の父タイキシャトル)。

~レース後のコメント~
1着 ゴールドクイーン(松若風馬騎手)
「いいスピードです。今日は展開が厳しいレースの中でしたが、直線はステッキにいい反応を見せてくれました。素直な馬です。まだ余裕のある中、これだけの走りを見せてくれましたから、まだまだ上積みの余地はありそうです」

2着 ヴィグラスファイア(M.デムーロ騎手)
「一生懸命走る馬。頑張って2着になってくれました。スタートはいいのですが、トモがまだ緩いところがあります」

5着 エイシンデジタル(和田竜二騎手)
「周りを囲まれるとひるむようなところを見せていましたが、砂を被らないところに出したら、徐々に上がっていきました。能力を感じます」

7着 タラニス(秋山真一郎騎手)
「ゲートは出ましたが、まだ体に余裕があるせいか、息遣いがもう一つでした。でも、このレースを使って体が締まってくれば、上積みも出て反応もよくなってきそうで・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース