【ジューンS】(東京)~ヴォージュが激しい追い比べを制し連勝

     

東京11Rのジューンステークス(3歳以上1600万下・芝2000m)は2番人気ヴォージュ(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分59秒1(良)。半馬身差の2着に1番人気プロディガルサン、さらにクビ差の3着に7番人気パワースラッガーが入った。

ヴォージュは栗東・西村真幸厩舎の4歳牡馬で、父ナカヤマフェスタ、母ギュイエンヌ(母の父タニノギムレット)。通算成績は12戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ヴォージュ(内田博幸騎手)
「スタート良く2番手につけて、少し行きたがっていました。スローの上がり33秒台の競馬は嫌だったので、うまく流れてくれて、上がり34秒台の競馬に持ち込めたのが大きかったです。馬の調子も良かったと思います」

2着 プロディガルサン(C.ルメール騎手)
「リラックスして走っていましたが、エンジンが掛かるまで少し時間が掛かりました。もう少しスピードがあるといいです」

3着 パワースラッガー(柴田善臣騎手)
「このメンバーでよく頑張ったと思います。馬も良くなっていると思います」

7着 トーセンマタコイヤ(戸崎圭太騎手)
「4コーナーまでは良い感じで行けましたが、その後の反応が無かったです」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース