【天保山S】(阪神)~伏兵サウススターマンが外から差し切り勝利

     

阪神11Rの天保山ステークス(3歳以上オープン・ダート1400m)は5番人気サウススターマン(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒4(良)。1馬身1/4差の2着に3番人気キングズガード、さらに1馬身1/4差の3着に1番人気コウエイエンブレムが入った。

サウススターマンは栗東・加用正厩舎の6歳牡馬で、父サウスヴィグラス、母シャンハイギャル(母の父シャンハイ)。通算成績は30戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 サウススターマン(川田将雅騎手)
「前半から馬に気持ちが入っていて、その分楽に競馬が出来ました。強いメンバーの中で、いい内容で勝ってくれました」

(加用正調教師)
「除外で延びた分、調教をビシッと積めたことも良かったのでしょう。阪神も得意ですからね。この後は馬の様子を見て考えようと思います」

2着 キングズガード(藤岡佑介騎手)
「流れが速かったので前半で置かれましたが、右回りだと手応え良く回って来られますし、4コーナーで外に出した時には届くと思いました。ただ、勝った馬はこのペースでも伸び切っていましたね。それでも58キロを背負ってこの結果を出してくれましたし、条件的にも合っています」

5着 キタサンサジン(川須栄彦騎手)
「自分の競馬は出来ましたが、息の入らない展開になってしまいました。それでも良・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧