【HTB杯】(函館)~タマモブリリアンが2番手から押し切りレコードV

     

函館11RのHTB杯(3歳以上1000万下・芝1200m)は2番人気タマモブリリアン(吉田隼人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分07秒6(良)のレコード。1馬身差の2着に1番人気レーヴムーン、さらにクビ差の3着に8番人気キャンディバローズが入った。

タマモブリリアンは栗東・南井克巳厩舎の4歳牝馬で、父ダンスインザダーク、母チャームダイヤ(母の父ヘネシー)。通算成績は17戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 タマモブリリアン(吉田隼人騎手)
「スピードを生かせる馬場コンディションで、ハナに行っても良いと思っていました。他に行く馬がいたので、それを見ながらの競馬になりましたが、前走で脚を溜めて行って最後伸びたように、馬がいろいろ出来るようになりました。今はゲートの中でも落ち着いています」

(南井克巳調教師)
「ゲートの出が良くなっているのが大きいです。もっと上を目指していきたいです」

6着 フジノパンサー(勝浦正樹騎手)
「外へ出して早めに出て行きましたが、時計が速いです。パワータイプなので、もう少し時計が掛かった方が良いと思いますが、それでも最後よく伸びていました」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース