【八丈島特別】(東京)~ペイドメルヴェイユが差し切り勝ち

     

東京9Rの八丈島特別(3歳以上500万下・牝馬・芝1800m)は4番人気ペイドメルヴェイユ(杉原誠人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒3(良)。アタマ差の2着に6番人気ナムラムラサキ、さらに3/4馬身差の3着に5番人気ミッシングミンクが入った。

ペイドメルヴェイユは美浦・藤沢和雄厩舎の3歳牝馬で、父ローエングリン、母ミスティックリバー(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は6戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ペイドメルヴェイユ(杉原誠人騎手)
「状態も良かったですし、スムーズにいきました。道中は力まずに走っていて、最後までしっかり頑張ってくれました。馬が成長していると感じました」

2着 ナムラムラサキ(津村明秀騎手)
「惜しかったです。ゲートで落ち着いていたし、ペースが遅い中で内をまわっても大丈夫だと思い、じわっと上がっていきました。この馬自身力をつけているので、この先も楽しみです」

3着 ミッシングリンク(石川裕紀人騎手)
「休み明けでしたが、中身のある競馬が出来たと思います。上がりの速いレースにも対応できました」

4着 ルネイション(田辺裕信騎手)
「今の馬場で、この遅い流れでは厳しかったです。よく差は詰めていますが、前の馬も伸びていますからね」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース