【米子S】(阪神)~ブラックムーンがレコードで快勝

     

阪神11Rの米子ステークス(3歳以上オープン、芝1600m)は1番人気ブラックムーン(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分31秒9(良)のレコード。1/2馬身差2着に4番人気サトノラーゼン、さらに1馬身1/4差で3着に5番人気グァンチャーレが入った。

ブラックムーンは栗東・西浦勝一厩舎の5歳牡馬で、父アドマイヤムーン、母ロイヤルアタック(母の父ジェネラス)。通算成績は18戦7勝。

~レース後のコメント~
1着 ブラックムーン(M.デムーロ騎手)
「前に乗った時(2016年石清水S)にフワフワ気を抜く面を見せて2着に負けたので、その時のリベンジが出来て良かったです。とにかくいい馬。能力が高いです。重賞にいっても楽しみです」

2着 サトノラーゼン(川田騎手)
「乗ったのは2年ぶりでしたが、その時と雰囲気は変わらず、いいリズムでレースが出来ました。勝ち馬には切れ負けした形でしたが、内容は悪くありませんでした」

3着 グァンチャーレ(古川騎手)
「坂のある阪神で、休み明けという条件ながら、これだけ動けたということは良かったと思います。やはり直線に坂のないコースの方がいいと思います。坂を上がり切ったところで脚が鈍りましたからね」

4着 ベルキャニオン(福永騎手)
「レコードタイムが出るような速い時計のレースで、この馬・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース