【函館スプリントS】(函館)~3歳牝馬ジューヌエコールが重賞2勝目

     

函館11Rの第24回函館スプリントステークス(GIII、3歳以上、芝1200m)は3番人気ジューヌエコール(北村友一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分06秒8(良)のレコード。2馬身1/2差2着に4番人気キングハート、さらにクビ差で3着に7番人気エポワスが入った。

ジューヌエコールは栗東・安田隆行厩舎の3歳牝馬で、父クロフネ、母ルミナスポイント(母の父アグネスタキオン)。通算成績は7戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ジューヌエコール(北村友騎手)
「開幕週、レコード決着が続いていましたから、速くなると思っていましたし、流れに乗れればと思っていました。力のある馬が先行すると思っていましたから、ついて行こうと思っていました。元々能力はあります。今後は、能力を生かせるよう、気性面が成長してくれればと思います」

2着 キングハート(中谷騎手)
「しっかり走ってくれましたし、力は出してくれました。勝ち馬とは斤量差が6キロありましたからね。このメンバーで結果を出せたことは今後につながると思います。秋、大きいところを狙えるようになってくれればと思います」

3着 エポワス(柴山騎手)
「速い流れでも最後はいい脚を使ってくれました。力は出して頑張ってくれました」

4着 セイウンコウセイ(幸騎手)
「道中は楽に追走出来ましたが、動・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース